TOP > DHA・EPAサプリメントの副作用

DHA・EPAサプリメントの副作用

血液をサラサラにする成分であるDHAとEPAは、1日に1g取る必要のある成分です。
DHAとEPAは青魚などに含まれていますが、現代人は食事の中で魚を取ることが減ってきているため1日の必要量を取ることが難しいようです。
DHA・EPA配合のサプリメントは、必要な栄養素を手軽に取ることが出来るものですが、副作用はあるのでしょうか。

・過剰摂取しがちな方の場合

DHAとEPAは、血液をサラサラにする働きがあるため、多くの方から注目されている成分のひとつです。DHAは血液の流れを良くし、EPAは血管を柔らかくする働きがあるため、DHAとEPAを合わせて取ることで、健康を維持するために必要な作用を発揮します。
ところが、サプリメントは1日に必要な量を手軽に取ることが出来る反面、過剰摂取に気をつけなければいけません。こうしたサプリメントを摂取されている方の中には、成分の働きをより実感するために、決められた用量以上のサプリメントを摂取してしまう場合もるうようです。
DHAとEPAは、血液をサラサラにする働きがあるため、過剰摂取をすると血液が固まりにくくなる場合も考えられます。サプリメントは、決められた用量を守ることが大切です。

・アレルギーをお持ちの方の場合

DHA・EPA配合のサプリメントは、自然由来の原料である、青魚から抽出された成分を使用していることが多いようです。自然由来の原料から作られたサプリメントは、毎日飲み続ける上でとても安心ですが、アレルギーをお持ちの方にとって、配合されている成分が体質的に合わない場合があります。
DHA・EPA配合のサプリメントを必要とされる場合は、原料について掛かりつけの医師に相談をすると良いでしょう。

・血液がサラサラな状態の方の場合

毎日の食生活において、血液がサラサラになるような食品を多く取るように心掛けている方の場合。DHAとEPAの1日の必要量をすでに摂取されている場合があります。このような状態でサプリメントを取ると、サプリメントの1日の用量を守っていたとしても、DHAとEPAの過剰摂取となってしまう場合があります。サプリメントは、食事で補いきれない栄養素を手軽に補える便利なものです。
DHAとEPAが不足している時にサプリメントを摂取することで、体内のバランスを取ることが出来ます。

健康を維持するためには、必要な成分の摂取量に気をつけると良いかもしれません。