TOP > 血液をサラサラにする食べ物

血液をサラサラにする食べ物

血液をサラサラにする食べ物

血液がドロドロになると、様々な生活習慣病を引き起こす原因となります。
毎日の生活の中で、出来るだけ血液がサラサラになる食べ物を取るようにすることで、健康的な身体作りを目指すことが出来ます。
血液をサラサラにする食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

・青魚

青魚のサンマ・イワシ・アジ・カツオなどは、DHAやEPAの脂肪酸が豊富に含まれています。
DHAは、記憶力の向上や視力低下などの働き以外にも、動脈硬化の予防や高脂血症の改善、血栓の抑制などの働きがあります。EPAは、赤血球の膜を柔らかくする働きがあるため、血液をサラサラにする効果を期待することが出来ます。
DHAとEPAは不飽和脂肪酸のひとつで、統計によると、青魚をよく食べる人には、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病がほとんどみられないのだそうです。

・納豆

納豆

納豆は蒸した大豆に、納豆菌を加えて発酵させて作られますが、納豆に含まれているナットウキナーゼという酵素は、血栓を溶かす働きを持っています。
さらに、大豆に含まれているイソフラボンは動脈硬化を抑える働きを持っています。

 

・海草類

海草類のわかめ・コンブ・ひじき・もずくなどに含まれているアルギン酸は、多糖類の一種であり、動脈硬化の予防、血糖値の上昇を防ぐ働きを持っています。
そのぬめりによって余分なコレステロールを包み込んで身体の外に排出する作用があり、コレステロール値を下げます。

・ネギ類

ネギ類のたまねぎ・長ネギ・ニンニクなどには、血液をサラサラにする働きがあります。
ネギに含まれているアリシンには、血中脂肪の燃焼を盛んにし、コレステロール値の上昇を抑制すると言われています。
このことから、血栓の予防や改善などの効果を期待することが出来ます。

血液をサラサラにする食べ物の中には、日本食として、古くから親しまれているものが多いことに気づきます。身近なところに、身体が必要とする成分を含んだ食材があるのですね。