TOP > ドロドロ血液と怖い病気

ドロドロ血液と怖い病気

ドロドロ血液と怖い病気

深刻な病気の数々は、血液の流れが悪くなることで引き起こされることが多いようです。


血液に粘り気が増す・血管が固くなる・血管が収縮するなど、これらの症状は、マイナスの生活習慣によって誘発されます。
ドロドロ血液は、一体、どのような病気に繋がることがあるのでしょうか。

 

 

・動脈硬化

動脈硬化になると、動脈が硬くなり、血管の柔らかさやしなやかさがなくなります。その分、血液を送る働きが低下するため、心臓はもちろんのこと、身体全体に負担を掛けてしまいます。
血液は、身体が必要とする酸素や栄養素を運ぶ大切な役割を果たしています。血液の流れが、そのまま健康を左右しているのです。

・高血圧

血圧というものは、スポーツをしている時だけではなく、日常の中のちょっとした動作でも上昇します。高血圧とは、何の動作もせず、じっとしている状態で、血圧が上昇していることを指します。
この状態が慢性的に続くと、心臓や血管に大きな負担を掛けていることになり、血管の内側が傷つきやすくなります。

・腎臓病

腎臓病とは、腎臓の働きが悪くなることを指します。
腎臓は、体内の毒素を除去する大切な役割を担っているため、腎臓の働きが低下すると、体内に毒素が溜まりやすくなり、尿毒症となる場合もあります。

・心筋梗塞

心臓は、身体全体に血液を送り出すポンプのような役割を担っています。
心臓が円滑に動いているのは、心筋と冠動脈という血管が円滑に働いているからです。しかし、何らかの原因で、冠動脈という血管が狭くなったり、血栓が出来てしまうことで、心筋に血液が行かなくなった状態のことを心筋梗塞と言います。
心筋梗塞は、直接命に関わる病気であるため、特に注意が必要です。

・脳梗塞

脳梗塞

脳梗塞は、脳の血管が詰まったり、脳の血のめぐりが悪くなることで、脳組織が壊死してしまうことを指します。
脳は身体全体に指令を出している大切な臓器です。脳梗塞には意識障害や、身体の一部が動かなくなるなどの麻痺症状が出ることもあります。

 

血液がドロドロになることで、様々な病気を誘発するリスクが高くなるようです。血液をサラサラにすることは、それだけで様々な病気を防ぐことが出来ます。