TOP

今すぐできる血液サラサラ対策

今すぐできる血液サラサラ対策

生活習慣は、そのまま血液の状態に現れます。
ドロドロ血液は、動脈硬化や高血圧などの原因となるため、深刻な病気を引き起こす前に、毎日の生活の中で、血液をサラサラにする対策を取ることが大切です。

・脂質や糖質の多い食事を控える

ファーストフードやレトルト食品は、手軽に食べることの出来るものですが、脂質が多いため、こういった食事を取り過ぎると、身体に中性脂肪をどんどん蓄積させてしまうことになります。
そのほか、ケーキや菓子類などは少しの量でも中性脂肪が多い食品であるため、食べる量を控えるようにしましょう。

・飲酒を控える

飲酒をすると利尿作用で脱水が起こるため、血液がドロドロになることがあります。
喉の渇きを覚えたら、出来るだけ水分を取るようにしましょう。また、飲酒の量が増えると、身体の中性脂肪を増やすだけではなく、肝臓の中性脂肪も増やすことになります。
出来るだけ適量のお酒を飲むように心掛けるか、身体のコンデションが良くない場合には、禁酒をおすすめします。

・喫煙を控える

喫煙を控える

タバコは血管を収縮させる作用があるため、血液の流れを阻害します。

さらに、赤血球の酸素を運ぶ働きを低下させるため、血液がドロドロになるのです。

出来るだけ喫煙を控えると良いでしょう。

 

 

 

 

・血液をサラサラにする食品を取る

血液をサラサラにする食品は数多くあります。青魚・納豆・野菜・海草類など、様々なものがありますが、特に青魚には、DHA・EPAが多く含まれており、血液の流れをサラサラにする効果を期待出来るため、毎日の食事の中に取り入れたいもののひとつです。
血液の状態は常に変化しているため。血液をサラサラにする食品を取る習慣を身につけることで、健康維持をすることが出来ます。

・適度な運動で中性脂肪を減らす

身体に蓄えられている中性脂肪は、身体が活動する上で、必要なエネルギーを作り出す大切な役割を担っています。しかし、蓄積されている中性脂肪が増え過ぎると、血液がドロドロになりやすくなります。身体に蓄積された中性脂肪は、運動をすることで消費されるため、毎日の中で適度な運動をするように心掛けましょう。

血液の流れは、健康に深く関係している大切なものです。血液をサラサラにする習慣を身につけることで、様々な病気を未然に防ぐことが出来ます。

 

血液をサラサラにするDHA・EPAの効果

血液をサラサラにするDHA・EPAの効果

毎日の食事を通して、身体に取り入れる栄養素が、身体が活動するために必要なエネルギー源となったり、身体の健康を維持することに役立ちます。

 

毎日、身体に取り入れるもので、健康が左右されますが、血液の状態も、食事を通して摂取するものに左右されます。

血液をサラサラにすると言われている青魚には、DHAとEPAが含まれていますが、これらの成分は、健康を維持するための様々な働きをします。

・DHAの効果

DHAとはドコサヘキサエン酸のことであり、必須脂肪酸のひとつで、身体になくてはならないもののひとつです。

DHAは、体内で合成することが出来ないものであるため、食品から摂取する必要のあるものです。DHAを多く含む食品は、イワシやカツオなどの青魚ですが、日本人には馴染みのある食品であると言えるでしょう。

DHAは、血液の粘度を下げる働きを持っているため、血液の流れを改善します。

さらに、脳の細胞膜を柔らかくする作用があるため、DHAを摂取することで、脳が活性化する作用を期待することが出来ます。DHAは、情報伝達機能を担っているシナプス膜を作る材料となる大切な成分です。DHAが不足すると血の流れが悪くなるため、血栓が出来やすくなると言われています。

つまり、DHAを毎日の中に取り入れることで、血液をサラサラに保つことが出来るのです。

・EPAの効果

EPAとは、エイコサペンタエン酸のことであり、DHAと同様に必須脂肪酸のひとつで、身体になくてはならないもののひとつです。EPAも、体内で合成することが出来ないものであるため、食品から摂取する必要があります

。EPAは、青魚に多く含まれているため、このような食品を食べることで摂取することが出来ます。EPAは、DHAと合わせて1日約1gほど摂取する必要があるとされていますが、毎日の中で、継続的に摂取することが大切です。EPAは、血管を柔らかくする作用があるため、血管年齢を若く保つ効果があることが、様々な研究で分かってきたのだそうです。

血管が老化することで引き起こされる病気には、心臓病や脳梗塞などの深刻な症状のものがあります。EPAの摂取で血液をサラサラに保つことで、これらの病気を予防する効果を期待することが出来ます。

DHAとEPAは、合わせて摂取すると、それぞれの作用の相乗効果で、より効率良く身体に働きかけます。毎日、欠かさず青魚を食べ続けることが難しい場合もありますが、このような場合、DHAとEPAが配合されたサプリメントなどで、必要な成分を補うのもひとつの方法です。

 

 

DHA・EPAを含むサプリメントのメリット

DHA・EPAを含むサプリメントのメリット

DHAとEPAは、血液をサラサラにする働きのある成分として、注目されているものです。

 

DHAとEPAが配合されたサプリメントが、数多くありますが、サプリメントは、忙しい現代人にとって、必要な栄養を手軽に取り入れることが出来る便利なものです。

 

DHAとEPAが配合されたサプリメントには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

・1日に必要な量の成分を取ることが出来る

DHA・EPAは、青魚に含まれている飽和脂肪酸のひとつです。

DHAは血液中の脂質濃度を下げる働きを持っているため、血流を良くします。EPAは血管を柔らかくしなやかにするため、DHAとEPAをあわせて取ることで、血液をサラサラにする効果を期待することが出来ます。DHAとEPAの1日の摂取量の目安は、DHAとEPAを合わせて1~2gとされていますが、現代人の1日の摂取量の平均は400mg程度だと言われています。サプリメントは、1日に必要な量を無理なく摂取し続けることが出来ます。

・必要な成分を継続して取ることが出来る

現代は、毎日の食事から身体が必要とする栄養素をバランス良く取ることが難しいと言われています。

それぞれの栄養素は、身体が健康を維持する上で、大切な働きをしていますが、食品を通して摂取した成分は、代謝などで体外に排出されてしまうものもあるため、毎日の中で継続して取り続けることが必要なのです。

サプリメントなら、毎日の中で継続して、必要な成分を取ることが出来ます。

・場所を選ばず必要な成分を手軽に取ることが出来る

DHAとEPAを摂取することを意識した食事を取ろうと思ったら、自炊をすることが最良の方法です。

青魚を始めとする、DHAとEPAを含んだ食品を食事の中に、積極的に取り入れるだけで、必要な成分を取ることが出来ます。
しかし、忙しい現代人は、外食なども多く、毎日取り入れる栄養素を、すべてコントロールすることは難しいと言えます。サプリメントなら、自宅でも職場でも旅先でも、必要な栄養素を取り入れることが出来ます。

DHA・EPAを含む食品は限られています。必要な成分をサプリメントで補うことで、栄誉のバランスの取れた食事を基本として、食材をある程度自由に選ぶことが出来ます。